こうたの宮古島紀行

第1回 さあ、沖縄へ

 平成8年3月下旬、ぼくは、慣れないリクルートスーツを身につけ、父親の運転する自動車で、関西空港を目指していた。曇り空で、まだ空気の冷たい朝だった。わずか30分足らずの道のり、特に何という話はなかった。しかし、ぼくにとっては、初めて親元を離れる旅立ちだったのだ。後ろに積まれたぼくのかばんには、いろいろな思いが詰まっていた。新天地・仕事に対する期待と不安。両親や友人たちからあまりに遠く離れてしまう寂しさ。それとは逆の、新しい出会いの予感。しかし、ことさらそんな思いを表に出すことはなかった。ぼくは、もう26になろうとしていた。

 今でもなぜ、宮古島に行くことになったかと、不思議に思う。ぼくは、今でもそうだが、ダラダラした方で、大学を出るというのに、就職活動もちゃんとせず、仕事が決まっていなかった。それでも、「何をしたい」ということもなく、なんとなく、「就職しなければ」と気持ちだけが焦っていた。そしてある日、ぼくは、就職情報誌を手に取る。そこには、沖縄の学習塾の求人が載っていたのだ。良く、「普通やない」といわれるが、この時ぼくは、「沖縄に行ってみよかなあ」という気になった。といっても、その時点で僕は、1度も沖縄に行ったことがなかったし、沖縄の友人もいなかった。「ようお前みたいなのが来たな」と現地の人や生徒たちにも言われたのだが、確かにダイビングはおろかシュノーケリングもしたことがなかった。泳げなかった。ほとんどのナイチャー(沖縄の人は、本土の人をこう呼ぶ)は、仕事にしても、多かれ少なかれ、海を目的に沖縄に行くのに... 海の話は、置いておくとして、仕事の方は、よっぽど困っていたのかとんとん拍子に採用が決まった。そしてついに、出発の日を迎えたのである。

 ぼくは、車から空港に降り立ち、両親が帰っていくのを見送った。「さあ、新しい生活が始まるぞ」ぼくは、とりあえず本社のある那覇行きの飛行機に乗り込んだ。